子供の身長が伸びない・・・もしかしたら低身長症かも?

カルシウム吸収サポートサプリ・アスミール

子供の身長が伸びない・・・もしかしたら低身長症かも?

 

子供が生まれると、定期的に発育検査が行われます。

 

幼稚園や学校に通う前は、各市町村で身長、体重、知能の発達検査があり、子供がきちんと成長しているのか見守るシステムができています。

 

この検査によって、赤ちゃんの頃はミルクや母乳、離乳食の栄養が足りているのか、親がきちんと育児をしているのかなどで、何か問題があれば早急に対処することができます。

赤ちゃん ミルク

 

赤ちゃんは生まれた大きさや食欲の差によって成長が違うと言われていますが、著しく成長が遅い場合は何らかの指導が行われます。

 

幼児期は、体重の増えや発達が気になるところですが、小学校に入る頃になると身長が低い、痩せているなど同級生の子供に比べて体格がどうなのかが気になるようになります。

 

 

低学年の頃は、誕生日が数か月違うだけで身長にも差が出るもので、四月生まれと三月生まれでは約一年の差があるため、かなり差が出ても仕方がないのです。

 

背が高い子もいれば低い子もいる、当然のことですしあまり気にすることはないのです。

 

しかし、一年間でほとんど身長が伸びない、明らかに同学年の子供に比べて小さすぎる場合は、低身長症の可能性があり「いつか伸びるだろう」と思わずに早めに専門医に相談するようにしましょう。

 

 

低身長症は、小学校の身体測定で指摘されることも多く、早めに治療を受けることで身長の伸びが改善することもある病気です。

 

 

低身長症の原因

 

我が子の身長の伸びが悪い、同級生に比べて小さい場合、親は栄養が足りないのかもしれないと心配になります。

 

確かに、成長期の子供にはバランスのとれた食事が大切ですが、それを怠っている親はそれほどいないはずです。

 

専門医を受診しないとはっきり分かりませんが、あまりにも身長の伸び率が悪い場合は、低身長症かもしれません。

 

 

低身長症とは、何らかの原因によって身長が伸びにくい状態で、必ずしも病気が隠れているわけではなく、ストレスや生活環境などが原因のことも多いようです。

 

子供が身長が伸びなくなってしまうほどストレスを感じているなんて、親としてはショックなことですが、ストレスの感じ方は人それぞれです。

 

大きな問題があるわけではなく、単に環境の変化が苦手、気を使いやすい、内気など性格によるものも多いようです。

 

 

また、親や親族に低身長症の人がいる場合は、遺伝することがあります。

 

好き嫌いが多く極端な偏食や、睡眠が著しく足りていない子供も低身長症になる可能性があるので、バランスのとれた食事と十分な睡眠が大切です。

 

 

病気が原因の低身長症は、成長ホルモンの異常や甲状腺の病気、染色体異常、骨の異常、内臓の病気などがあります。

 

これらは、詳しい検査を行わにと分からないため、なるべく低身長症に詳しい医師に診てもらうことをおすすめします。

 

 

どのような治療が行われる?

 

子供の成長が著しく悪い場合は、早めに病院を受診することをおすすめします。

 

特に原因が見つからない場合は、栄養補助食品などをプラスして様子をみることも多く、単に成長が遅いだけのこともあります。

 

 

しかし、詳しい検査の結果、低身長症だと診断された場合、どのような治療が行われるのでしょうか?

 

内臓疾患や甲状腺機能低下などの場合は、それぞれの専門医を紹介されることが多く、病気を治療することで成長が早まる可能性があります。

 

成長ホルモン分泌不全の場合は、投薬治療が行われかなり効果が期待できます。

 

この治療の場合は、なるべく早くに病気を見つけ治療に取り掛かることが最も大切だと言われています。

 

 

実は、低身長症は原因が見つからないことも多く、なんらかの原因があり治療が可能な子供は意外と少ないようです。

 

もちろん、栄養不足や睡眠が問題の場合はそれを解決すれば良いのですが、遺伝や全く原因が分からない場合は未だに特効薬がないのが現状です。

 

 

大切な我が子の健やかな成長のためにも、小さなころからの生活習慣、食生活がとても大切ですね。

 

↓背を伸ばすサプリ

page top