子供の身長はどこで決まる?遺伝はどのくらい?

カルシウム吸収サポートサプリ・アスミール

子供の身長は推測できるのか

 

赤ちゃん 身長

 

子供の身長を伸ばしたいと悩み始めるのは何歳くらいからでしょうか?

 

小学校低学年くらいまでは、早生まれ等の関係があり平均身長を基準にすることが出来ない場合も多いです。

 

4月生まれと3月生まれでは1年近い差があるので、どうしても成長に差が出てしまいます。

 

しかし、中学年くらいになると1年程の差もそこまで感じられなくなり、生まれた月も関係なくなってきますよね。

 

このくらいから、身長を伸ばしたい子は牛乳を飲んだりスポーツを始めるのではないでしょうか?

 

生まれたときに未熟児でも180センチ台まで成長をする場合もありますし、逆に大型な赤ちゃんだったとしてもそこまで大きく成長しない場合もあります。

 

 

身長の推測方法

 

乳児の頃はどのくらいまで背が伸びるかは全く予測がつきません。

 

しかし最近は、両親の身長からだいたいどのくらいまで成長するかを計算する方程式が有名ですよね。

 

男の子の場合は

(父親の身長+母親の身長+13)÷2

 

女の子の場合は

(父親の身長+母親の身長−13)÷2

 

これが子供の最終予測身長計算式で、かなりの信憑性があるようです。

 

しかし、これが正しいのであれば姉妹や兄弟は同じくらいの身長になるはず。

 

姉の身長が高く妹の身長が低い、という姉妹も沢山存在しますし、こちらの計算式はあくまで予測にしかなりません。

 

医学的に身長がどこまで伸びるか予測する方法がある?!

 

方程式はあくまで予測式に過ぎません。

 

しかし最近は、医学的にまだ伸びるか、どこまで伸びるかを判断する方法があるとは言われています。

 

8歳くらいまで成長をすると伸びしろがどこまであるかがレントゲン検査でわかるようです。

 

おそらく骨の状態からどのくらいまで伸びるのか予測が出来るのでしょう。

 

実際にレントゲン検査をした子供がこのくらいの身長まで伸びると予測されその通りに成長した例も、伸びしろがないといわれ実際に成長がストップしてしまった例も存在します。

 

 

背の高い子供を産む方法

 

頭が良い子を産みたい、背の高い子を産みたい、可愛い外見の子を産みたい…

 

妊娠を望んでいる人は、様々な理想の子供を考えるでしょう。

 

しかし、現状で背の高い子、頭の良い子、外見の可愛い子などを産み分ける方法は存在しません。

 

男の子、女の子、双子等は産み分け方法が確立されていますが、子供のポテンシャルを産み分けて選ぶことは出来ないのです。

 

男の子を産みたい等の願望がある人は対策を考えることが出来ますが、どんな子供を産みたいかを考えるよりも安心安全な妊娠方法を考えるのがベストなのではないでしょうか?

 

子供は授かりものです。確かに欲を見ればキリがありませんが、産まれてしまえば健康であれば問題はないという方がほとんどでしょう。健康的で元気な子供を産むために欠かせないのが、妊娠活動です。高齢出産に分類される年齢の方はもちろん、若い人でも健康的な子供を産むために妊活を行う人が増えています。ストレスなく子供を産むことが出来れば、健康的で元気な子供を産むことが出来るのではないでしょうか?→妊活を考えている人にお勧めのサプリ情報はこちらをクリック!

 

子供の身長は遺伝するという説もありますが、その後の生活環境や栄養状態で身長を伸ばせるかもしれません。

 

まずは健やかな子供を産み、育て、ある程度の年齢になったら栄養面から身長サポートを行うのが、背の高い子供を育てるために必要なことなのです。

 

↓背を伸ばすサプリ

page top