子供の背を伸ばす方法

背が低いと子供の将来に多くの制限が加わります

 

身長 悩み

 

背が低い…。

 

多くの方が悩んでいるはずです。

 

女性なら背が低くてもそこまで不満はないかもしれませんが、男性の場合は背が低いだけでかなりのコンプレックスを持っているという人も多いのではないでしょうか。

 

背が低いデメリットはたくさんあります。

 

まず第一に、ルックス面で損をしてしまうでしょう。

 

背が低いよりも高いほうが、絶対に女性への印象はよいはずです。
もちろん小柄でモテている男性もたくさんいますが、顔立ちは同じで身長が高い、低いならば、背の高いほうを選ぶ女性が多いですよね。

 

また、女性の中には「身長は高くなくてもいいけど自分よりも大きいほうがよい」と感じている方が多いですよね。

 

最近の女性は背の高い人も多く、また、ヒールなどを履けば簡単に高い身長になります。

 

ヒールを履いた女性よりも大きい男性、というのが一定のラインなのではないでしょうか。

 

自分自身だけではなく「子供の身長はできるだけ伸ばしたい」と思っている親も多いはずです。

 

身長だけで魅力が決まるわけではありません。
しかし将来子供が苦労しないために、悩まないように、小さいうちから身長を高くするための努力をがんばる母親が増えているといわれています。

 

身長は、一定の年齢になるとほとんど伸びなくなってしまうでしょう。
しかし、幼稚園や小学生のうちから背を伸ばす努力を自分でする子供はあまりいませんよね。

 

将来困らないためにも、母親が何かしらの努力をすることは大切なのかもしれません。

 

 

背が低い悩みは想像以上に深い

 

身長が低い。

 

変えたくても変えることはできません。

 

もちろん身長も人それぞれの個性ですが、身長が低いとさまざまなことに制限が出てくるのです。

 

たとえば、身長が高いほうが有利なスポーツがたくさんあります。

 

バスケット、バレーボールなどはもちろん、野球やサッカーなども手足が長い長身のほうが有利に活躍をすることができるでしょう。
小柄だとできないというわけではありませんが、将来子供がプロを目指したいと思ったときに、身長はあるに越したことはありません。

 

乗馬や体操など小柄でも活躍できるスポーツもあります。
バスケットやバレーボールでも小柄な選手が活躍するポジションがあります。

 

それでも、身長が高いほうが将来の可能性が広がりやすいのです。

 

また、身長制限のある職業もありますよね。

 

子供が将来消防士、警察官、航空自衛隊やキャビンアテンダントにあこがれたとしても身長を満たしていないと採用されることはないのです。

 

制限身長といっても男性160cm、女性155cmと平均よりもやや低いくらいではありますが、それでも身長が高いほうが絶対に有利でしょう。

 

身長は、自分の将来を制限してしまう可能性があります。

 

勉強をしても、鍛えたも、体力をつけても身長が伸びるわけではありません。
自分自身で努力をしても変えることができない部分だからこそ、身長に対する悩みは想像以上に深く、どうしようもないことなのかもしれませんね。

 

 

背を伸ばす方法は成長ホルモンの分泌促進

 

身長を伸ばすために欠かせないもの、それは思春期の「成長ホルモンの分泌」

 

人は日々成長をしています。
それは、成長ホルモンが分泌されているからです。

 

成長ホルモンは、身長はもちろん肌や筋力などさまざまな部分が生まれ変わるために分泌されている成分です。

 

思春期は特に成長ホルモンが活発に分泌されていて、成長ホルモンがあるからこそ身長もどんどん伸びていくのでしょう。

 

しかし、思春期に十分に成長ホルモンが分泌されなければ、身長も十分に伸びることはありません。

 

成長ホルモンの分泌にはさまざまな要素がかかわっています。

 

たとえば睡眠

 

眠らなければ身長が伸びない、といわれていますが、成長ホルモンは眠っているときに一番分泌されているからでしょう。

 

思春期の睡眠時間が短ければそれだけたくさんの成長ホルモンが分泌されることもないので、身長が伸びにくくなってしまいます。

 

ほかにもさまざまな要因があります。

 

栄養を補うこと、適度な運動をすること、そしてストレスをためないことは成長ホルモンの分泌を促進するうえでとても大切なことです。

 

成長ホルモンは20台30台でも分泌されていますが、身長を十分に伸ばすためには10台で成長ホルモンの分泌を促す必要があるでしょう。

 

成長ホルモンを促すことが、身長を伸ばすうえで一番大切なことなのです。

 

遺伝が原因で身長が伸びない場合もあります。

 

しかし、遺伝はあくまで遺伝です。

 

遺伝以上に大切なことは、身長が伸びる「思春期」での努力でしょう。

 

思春期に身長を伸ばすための努力を行えば、遺伝に打ち勝ち高い身長を手に入れることが出来るかもしれないのです。

 

今現在、身長があまり高くないのは成長期に成長ホルモンを十分に分泌できなかったせいかもしれません。
子供の身長が低いのも、成長ホルモンを十分に分泌できていないからではないでしょうか?

 

 

アスミールなら飲むだけで・・

 

通常の食事、運動、睡眠。これだけでは身長を十分に伸ばすことはできません。

 

身長は遺伝や生活スタイル、環境などによっても大きく変化するのです。

 

そのため、さまざまなことを試すことで、少しでも身長を伸ばす可能性を引き上げることができるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、サプリメントの服用です。

 

栄養摂取に欠かせないサプリメント、食事だけでは不十分な栄養を補うことができ、身長を伸ばす効果をアップすることができます。

 

サプリメントにはさまざまな種類がありますが、身長を伸ばす効果があるといえば「カルシウム」、やはりこれでしょう!

 

アスミールは、新しい形の「カルシウムサプリ」です。

 

カルシウムについてもっと詳しくという方はこちらも=子供の身長を伸ばす正しい方法とは? カルシウムは吸収しにくい?

 

そしてアスミールには、成長ホルモンを分泌させるために必要な

 

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • プラセンタ

 

がたっぷりと配合されているので、どんどん成長ホルモンが分泌されて身長もどんどん伸びていくのではないでしょうか。

 

成長ホルモンサプリHGH PROには、L−オルニチンやL−リジン、L−アルギニンなどたくさんのアミノ酸がたっぷりと配合されています。
これだけで成長に欠かせないアミノ酸をたっぷりと補うことができます。

 

この成長ホルモンの促進+カルシウムという強力な効果は、アスミールが長身サプリと言われる所以です。

 

子供の身長を伸ばしたい!将来の子供の身長が不安!
そう思っている方は、ぜひアスミールを飲んでみて下さい。

 

若ければ若いほど、その効果を実感することができます。

 

もちろん大人になってからでも、身長が伸びる可能性は十分にあります。*ただし20代前半まで

 

もう一点、アスミールはカルシウムを吸収できるようにいろいろな工夫をしています。

 

あまり知られていませんが、カルシウムという物質は本来あまり体に吸収されないものだそうです。

 

なのでいくら牛乳を飲んでも背が伸びない・・という日本人が多くいる事実が有ります。

 

そこでアスミールは由来の違うカルシウムを3種類配合することにより、どんな体質のお子さんでも必ず一定量以上吸収されるような工夫をしています。ここまで専門的に背を伸ばすことにこだわったサプリは世界でもアスミールだけです。

 

栄養補給は20歳までが勝負、学生のうちから、アスミールを飲むことで将来身長に悩まずに生活をすることができる可能性は高いのです!

 

お得に購入できる公式サイトはこちら=成長期のお子様に!アスミール

 

 

 

 
更新履歴